多気町 農業体験5

多気町は特産品がいっぱい
伊勢いも、最高級品の甘柿の栽培を体験しよう

三重県といえば、伊勢神宮、鳥羽の海、松阪牛と、名所&名産はいろいろありますが、今回ご紹介するのは、三重県のほぼ中央に位置する人口約1万5千のまち・多気町。この小さなまち・多気町で、2017年11月3日 (金) ~2017年11月4日 (土) に、「食のまち多気で農業体験!」と題し、農業体験ツアーを開催。主催は多気町役場。参加費無料で宿泊場所も用意してくれますよ(交通費は実費)。
町の特産品である「伊勢いも」、多気町発祥の最高級品の甘柿「前川次郎」の栽培のお手伝いをします。

多気町 農業体験7

多気町は昔から農業が主体のまちです。実は「多気」という名称も、たくさんの食べ物が採れる場所という意味があり、昔から様々な特産品が生産されてきました。今回、農作業を手伝う「伊勢いも」は、多気町でしか栽培出来ないとろろ芋の王様。300年の歴史を誇るまちの特産品です。また甘柿の最高級品とも言われる次郎柿の早生種「前川次郎」は多気町発祥の柿で、今や県下最大の生産地となっているなど、挙げればキリがありません。また日本三大和牛のひとつ「松阪牛」の肥育数は、松阪牛全体の20%を超える一大生産地なのだとか。

昨年に引き続き、開催!
移住相談や地元のベテラン農家&先輩移住者との座談会も!

豊富なのは食材だけではありません。松阪牛肥育農家さん直営のレストランや、伊勢いも料理専門店、マスコミでも話題になった農園レストランをはじめ、清流・宮川の畔で絶景を観ながら味わえる茅葺き日本料理店などなど、魅力的な飲食店が多数あります。
そして、何といっても全国的にも大変珍しい高校生が運営するレストラン、その名も「高校生レストラン まごの店」があり、営業日は多くのお客様で賑わっています。そんな”食のまち”多気町ですが、一方で、少子高齢化、担い手不足、獣害の急速な拡大、耕作放棄地の増加等の課題も抱えています。

多気町 農業体験1

空家見学。多気町では、風情のある古民家が格安で借りられます

「これらの課題解決を目指しつつ、多気町の魅力や暮らしをお伝えしたいと、昨年から農業体験ツアーを開催しています。ツアーでは、ただ農作業をするのではなく、町のご紹介、移住施策のご紹介、病院、学校、買い物場所、空き家など暮らしのご紹介に加え、地元のベテラン農家やすでに移住してきた方との座談会も予定しています。多気町での農業や暮らしをイメージしていただけますよ」と多気町役場担当者。

初日は、メディアでも話題の農村料理バイキング、2日目はテレビドラマにもなり、先の伊勢志摩サミットでも大活躍した高校生が運営する高校生レストラン「まごの店」での昼食を予定。 食の秋にふわしい食事もてんこ盛りです。

主催担当者からメッセージ

「昨年、好評につき、今年も多気町の魅力をいっぱいお届けできればと企画を練りました。昨年は県内外から15組18名の方がご参加。
終了後、『大変良かった』『また来たい』というお声を多数いただきました。
参加者のうち1組の方が、来年、多気町で就農を予定。現在、着々と準備を進めていらっしゃいます。

農業をしたいという方はもちろんですが、移住のみをお考えの方も大歓迎です。実際に、まちにきて、直におはなしすることで、わたしたちもお一人お一人に沿ったサポートさせていただきますよ。参加者の方にとって多気町を知り、触れていただく良い機会にしたいと考えておりますので、ぜひご参加ください。収穫した柿や伊勢いものプレゼントもあるかもしれませんよ!」

多気町 農業体験 担当者

「食のまち多気で農業体験!」担当
 多気町役場農林商工課 藤原 崇智さん

気候のよい季節、多気町の農業体験に参加してみてはいかがですか。
今は、パソコンがあれば、仕事はどこでもできる時代。目的が就農じゃなくても大歓迎だそう。
「子育ては大自然が残る田舎で…」とお考えの若いファミリー世代の方や、リタイア後に田舎暮らしを楽しみたいシニア世代の方もぜひ。フレンドリーな多気町役場の方々と、町の人たちがあたたかく出迎えてくれますよ♪
最終日の4日の夜は、多気町自慢の花火大会(みなびまつり)も開催されますので、まずは旅行気分で訪れてみませんか。

■「食のまち多気で農業体験!」

日時/ 2017年11月3日 (金) ~2017年11月4日 (土)
※3日(祝)のみの日帰り参加もOK
参加費/無料
※ただし、集合場所(松阪駅または多気駅)までの交通費は自己負担。
※宿泊場所は五桂池ふるさと村コテージ(相部屋・男女別)を予定
定員/最大20名(宿泊組、日帰り組を合わせて)

対象者

  • 多気町での就農や移住に興味のある方
  • 参加後、簡単なアンケートにご協力いただける方
  • 18歳未満の場合は保護者同伴

募集期間/10月23日(月)24:00まで
お申込み方法/(1)氏名、(2)年齢、(3)住所、(4)電話番号、(5)集合・解散希望場所(松阪駅または多気駅)、(6)(日帰り希望の場合のみ)日帰り希望の旨を記載して、メール(norin@town.mie-taki.lg.jp)をご送信ください
※申込多数の場合、抽選となります。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ/多気町役場農林商工課
担当 小林、藤原
℡0598-38-1117
http://www.town.taki.mie.jp/contents_detail.php?co=tpc&frmId=86

関連記事