1999年に改正されたJAS法に基づき、「有機JAS規格」に合った生産が行われていることを登録認定機関が検査・認定された事業者のみに「有機JASマーク」の使用を認める制度。