農業や水産業などの第1次産業が、食品加工(2次産業)、流通・販売(3次産業)にも業務展開している経営形態のこと。

(例):農園主が農産物の生産→それを原材料として食品を加工・製造→観光農園など地域資源を活かして流通、販売する、など。
6次化の6は、一次産業の1、二次産業の2、三次産業の3を足し算したことに由来。

今現在は、一次産業がゼロになったら結局ゼロにしかならないという意味で、1×2×3=6と、掛け算に改められている。
農業経済学者で東京大学名誉教授の今村奈良臣により提唱された造語である。

農林水産物等に新たな付加価値を生み出すことで、農山漁村における所得の向上、収益性の改善、雇用の確保に結びつけ、農林漁業の発展と農山漁村の活性化に寄与するものとして期待されている。