人口減や高齢化が著しい地域において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力、活性化となる活動を行ってもらい、その定着・定住を目標にする。地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度。
「地域おこし協力隊員」は、おおむね1年以上3年以下の期間、地方自治体の委嘱を受け、地域で生活し、地域ブランドや地場産品の開発・販売・
PR等の地域おこしの支援や、農林水産業への従事、住民の生活支援などの地域協力活動を行う。