各地で古くから栽培されてきた野菜の在来品種で、地方野菜とも呼ばれる。1970年代以降、手間やコストなどの面から、大量生産が求められる時代に生産が減少。しかし地産地消が叫ばれる近年は、産地の地域おこしとして取り入れられるなど、再び注目が集まっている。