1970年に制定された、地球のために行動する日(アースデイ)。立場や違いに関わらず、誰もが自由に地球環境を守ろうという意思を表現する日とされている。G・ネルソン上院議員(当時米ウィスコンシン州)とデニス・ヘイズ(当時全米学生自治会長)によって呼びかけが行われ、4月22日に宣言された。現在では世界175カ国でイベントが開催され、約5億人が参加していると言われている。