観光旅行者が、自然観光資源についての知識人から案内・助言を受け、自然環境資源の保護に配慮しつつ自然観光資源と触れ合い、これに関する知識と理解を深めるための活動のこと。概念としては、自然環境や歴史文化など、地域固有の魅力を地域ぐるみで観光客に伝えることにより、その価値や大切さが理解され、保全につながっていくことを目指す仕組みのことで、観光客に地域の資源を伝えることにより、地域が自身の資源価値を再認識し、地域観光のオリジナリティが高まり、地域社会そのものが活性化するとの考えに基づいている。