高齢化率が50%を超え、集落自治の機能が低下し、社会生活の維持が困難になっている集落のこと。「限界集落」という言葉は、ネガティブな響きもあり、現在は研究者、行政資料等では「小規模・高齢化集落」という言葉を使う動きが出ています。