法人が主体となって行う林業ではなく、1世帯、または1集落など、小規模で行う林業の形。現在、日本では自分の山を自分で管理している人はほとんどなく、森林組合や林業専門業者に委託しているのが現状。「自伐型林業」は、森林開発もコストも小規模に抑えられるため、環境保全型で新規参入しやすいのが特長。山林を活用する「地方創生のカギ」として注目されています。