天然資源の消費・使用をできる限り減らして、循環(繰り返し利用)できる仕組みをつくる社会のこと。優先度が高い順に、「リデュース(発生抑制)」→「リユース(再使用)」→「リサイクル(再利用)」→「熱回収」→「適正処分」と取り組みを進めていくことが大切とされる。また、「リデュース(発生抑制)」「リユース(再使用)」「リサイクル(再利用)」の3つを併せて「3R(スリーアール)」と呼ばれる。