2002年、日本米殻小売商業組合によって作られた制度。認定基準は「お米に関する幅広い知識を持ち、その米の特徴を最大限活かし、その米の良さを消費者との対話を通じて伝えることができる者」とされている。