日本国内における主要の食糧(米・麦など)における流通安定にかかる法律のこと。2004年に大規模な改正が行われたことで、食糧法から改正食料法へと名称が変更された。その後も改定は行われている。