食物で摂取できるエネルギー量(kcal)を基準として、その中で自給できる割合のこと。国内における食料自給率は、供給熱量自給率の概念に基づいて行われる。