循環型農業とは、環境への負荷に配慮した農業のこと。主に、土づくりが注目されています。たとえば農作業で発生したワラや不要な葉などを家畜のえさにし、その家畜のふんを堆肥にし、その堆肥を使って、また農産物をつくるなど、有機資源を循環させながら農産物を生産します。波及効果としては、環境汚染の軽減、耕畜連携の推進(農耕と畜産の連携)、温室効果ガスの削減、地域振興、有機農産物・畜産の生産、公的財政負担の軽減などが挙げられている。