厚生労働省が定めた、残留農薬に関する基準のこと。基準値の規定がない食品や農薬は、0.01ppmを超えて含有してはならないと一律に規定されている。0.01ppmの濃度とは、100トンあたり1gに相当する比率。