面接は事前準備がキメテ!

農業という業界は、ほかに比べて業界内での転職者数がまだ少なく農業への就職・転職が初めてという方も多いと思います。面接は、農業法人・農家さんと求職者の相互理解の場と考え、「就職する」ことがゴールではなく、就職後、お互いがより良い仕事をするために必要な場として活用しましょう。

農業法人・農家さんにとって

  • 業務遂行できる資質があるか
  • 意欲があるか
  • 組織に溶け込めるか

求職者にとって

  • この仕事は自分に適しているか
  • この職場は自分に適しているか
  • 自分の能力からみて、農業を仕事にすることに誤りはないか
これまでの自分を振り返り、面接の準備をしっかり行いましょう。

面接でよく聞かれることと回答のポイント

農業は自然を相手にする仕事です。天候や気温に左右されやすく、酪農や畜産なら365日人間が家畜の世話をする必要があります。どんな仕事も一人前になるには努力が必要ですが、農業は決して楽な仕事ではありません。面接ではやはり農業を志した理由や意思の固さがポイントになります。

志望理由

なぜ農業を志望したのですか

数ある職業の中でなぜ農業だったのか、ここは当たりさわりのない回答では意味がありません。模範回答ではなく自分の言葉で、一貫した気持ちで真摯に伝えましょう。自分と農業との接点にふれ、その経験と今後をどう結びつけていきたいのかなどを交えて話しましょう。

「この農場に応募した理由をお聞かせください」

農業法人、農家さんの中から、なぜここを選ぶのか。求人票やHPにある企業理念、事業方針、ビジョンをふまえて答えましょう。実際に応募する農業法人・農家さんでインターンシップを経験したり見学してから応募すれば、自分の気持ちもより明確となり、惹かれる理由などを伝えやすくなります。

農業経験

農業の経験はありますか?

農業法人、農家さんは、未経験の方や初めて農業を仕事にしようとしている方が多いということを理解しています。経験がないことが直接、不採用につながることは少ないのですが、インターンシップなどで経験を積んでいることは、意欲ある人材と判断されやすく大きな強みになります。

前職の入社理由と退職理由

「前の仕事を選んだ理由は?」「前職を辞めた理由は?」

入社、退職の理由に矛盾がないかよく考えて答えましょう。前職に対する非難は厳禁です。

自己PR

「自己紹介をお願いします」「自己PRを教えてください」

採用担当者は、「自社の成長や農場運営に貢献してくれる人材」を採用したいと考えています。これまでの自分をふり返りながら、具体的なエピソードを交えて自己PRすれば説得力もアップ!

長所・短所

自分にはどんな長所、短所があると思っていますか

長所は体験を交えて簡潔に。短所は、長所や心がけしだいでカバーできるものです。
例)「そそっかしいという短所をカバーするために、作業の点検を必ず心がけるようにしています」など

将来について

「将来も当社で農業を続けていきますか」「独立をめざしますか」「故郷には帰らなくて良いのですか」

農業は圃場のあるところが仕事場になります。移住を伴うことになるので、将来的なビジョンを聞かれることが必然と多くなります。また自社でキャリアアップを望むのか、将来的に独立を希望するのか確認されます。あらかじめ志望先がどういう人を求めているのかを知っておく必要があります。

質問タイム

「何か質問はありますか」

質問を準備してくる応募者をプラス評価する採用担当者がほとんどです。あらかじめ準備しておきましょう。

「御社のHPで○○○について拝見しましたが、現場の方の感想やご意見をお聞きしたいです」「○○さま(農園主)はサラリーマン家庭のご出身だとお聞きしましたが、苦労された点があれば、ぜひ参考にお教えください」

一貫性のある受け答えは、農業で仕事をする意志の強さとして印象に残ります。面接には意欲と情熱をもってのぞみましょう。

面接は第一印象も大切! 服装や持ち物をチェックしよう

面接時は清潔感のある服装を心がけましょう。落ち着いた色のジャケットや襟付きのシャツを着用するなどが無難です。大きな農業法人などは採用担当者もスーツで働いています。志望先のHPなどは必ず確認し、雰囲気に合わせて服装や持ち物をチェックしましょう。迷ったらスーツで行くとよいでしょう。

清潔感が何より大切!シワや汚れはありませんか?

☑髪型 清潔感のある髪型で。過度な茶髪は避ける
☑服  落ち着いたジャケットや襟のある上着を着用
☑かばん  A4資料が入るバッグに必要書類や筆記用具、メモ帳を入れる
☑メイク  メイクはナチュラルに。長髪はうしろですっきりまとめる
☑靴  清潔感のある靴で。汚れがひどいものは避けます。

面接直前!持ち物チェック

□履歴書・職務経歴書の控え
□スケジュール帳、メモ帳
□筆記用具
□地図
□ハンカチ、ティッシュ
□印鑑(指定があれば)
□農業法人・農家さんのHPをプリントアウトしたもの
□携帯電話
□時計
□現金(電車などが遅れてタクシーを利用する場合などに備えて)