90歳になっても元気なおばあちゃんになりたい!

第6期/hatazawasan1

毎日笑い、働く田舎暮らしに憧れて

私の夢は田舎に住み、おばあちゃんになってもさまざまな作物を元気に育てることです。以前、徳島県の株式会社いろどりで農業研修に参加したとき、80歳ほどのおばあちゃんが毎日笑顔で元気に農作業に励んでいる姿がとても印象的でした。年をとってもよく笑い、よく働ける田舎暮らしを目指し、まずは農業の現場を知るために今回のインターンシップに参加しました。

私は農学部に在学していたので、基本的な知識はわかっていた…、つもりでした。けれど、研修中はあと一歩踏み込んだ質問、経験を発展させていくような行動がなかなかできず、反省する点も多々ありました。その点、同じ6期として参加した、農学部出身の菊池さんは今までの経験をうまく応用しながら、気になることをどんどん質問し、トライしていて、その様子はとても励みと参考になりました。

第6期/hatazawasan2

将来の道は一つじゃないことに気付く

これまで田舎の素敵なおばあちゃんになる、という夢がありつつも、それ実現するためにどのように行動すればよいのか分からずにいました。
研修中も、「将来は農業に専念するの?」「これからどうしていくの?」という質問を投げかけれれるときがあり、そのたびはっきり答えられない自分に落ち込むこともありました。しかし、一方でまわりの皆さんと一緒になってこれからの農業や働き方について考える貴重な機会になったと感じています。

6次化を念頭においた研修を行えたことも良かったです。干しイモの食べ比べセットに自分のイラストをつけオリジナルパッケージとして売り出すアイディアをはじめ、商品を発信していく案が生まれていきました。付加価値をつけて販売する、という今までの私では思いつかない考えを持てたことも、この研修の成果です。人生にもさまざまな可能性があり、それは自分で切り開いていくものだと今は実感しています。

私は農業が好きで、自分にも合っていると考えています。まずは各地で農業ボランティア、アルバイトを通して農業を知り、よい縁のあるところに就職できればと思っています。作物のなかでも干しイモに興味があるので、栽培から商品化までじっくり研究していきたいです。

 

関連記事