就職活動先は農業系に
まずは、しっかり生産の現場を知りたい

私の祖父母は九州で農家をしており、帰省するたび手伝いをしていました。その経験から将来は農業に関わっていきたいと思い、大学も農学部に進学しました。私は有機農業に興味があるので、今回はfarm+bizインターンシップを通して、有機農業を行う伊賀ベジタブルファームさんで1週間研修を行いました。就職先も農業生産法人か関連企業にしようと考えているため、まずは現場での経験をしっかり積むことも意識してインターンシップに望みました。

 

自分には経営知識が足りないと痛感
ベテラン農家さんとも話す機会も

研修では、小松菜、ほうれん草、アレッタを収穫。作業も播種から収穫、梱包まで行い、多くの経験を積むことができました。また、自分農業経営や経済の知識が自分にはもっと必要だと痛感。「ホウレンソウは何円で出荷し、売り上げは何円だ」など常に収益を考えなければならない「仕事としての農業」の大変さを気づくことができました。

伊賀ベジタブルファームのお知り合いのベテラン農家さんから、「有機農業は大変だが、栽培方法はまだまだ発展途上だから挑戦しがいがある」とお聞きできたのもとても嬉しかったです。
「楽しいだけでは農業は難しい」と、
現場の大変さを実感できたインターンシップでした。