いつかは農業をやってみたい。でも経験のない自分にもできるのか?

あずま産直ネット様農場

あずま産直ネット様農場

はじめての農業体験で収穫以外の作業を知る

私は今は会社員ですが、将来は山の近くで暮らしたいと思っています。まずは地方での暮らし方や就農について学ぶ機会を持ちたいと、3日間の農業体験に応募。まったく経験のない自分にもできるのかという不安な気持ちと、新しいことに挑戦できるという期待を持ちながらの参加でした。

体験日は、タイミング的に収穫よりも次の作物の栽培に向けた準備がメインでした。ミニトマトの収穫体験のほか、ダイコンの種植えや、白菜畑のマルチ剥がし、ネギ抜き(出荷前に、葉や皮を取る機械へのネギの運搬)などを体験。収穫に向けた作業がさまざまあり、またその大切さを学ぶことができました。

農業には、いいときも、悪いときも。

白菜畑で一日中マルチ剥がし作業に従事した日があったのは、生産数に対する出荷数が制限された影響を受けたためでした。いいものを生産していればというものではない想像以上の大変さを肌で感じることになりました。

それでも、将来は農業で生計を立てられればという気もちに変わりはありません。夢を実現するために、今後は今の仕事を続けながら、長期の休みを利用して少しずつ経験と知識を積んでいきたいと思っています。

受け入れ先はとてもチームワークのよい農園で、スタッフのみなさまから丁寧に指導いただきました。また、短い間でしたが、農業の一端に触れるという貴重な経験ができたいへん感謝しています。

 

▼▼▼インターン情報はこちら▼▼▼

求人情報
https://farmbiz.jp/job/view/23

インターンの情報
https://farmbiz.jp/internship/view/43

農業体験の情報
https://farmbiz.jp/experience/view/9