デザイナーからファーマーへ
究極にクリエイティブな仕事を追求したら、それが農業だった

富山県出身の枡田一洋さんは元デザイナー。印刷会社でサラリーマンとしてバリバリ活躍した後、石川県羽咋市神子原地区に2011年に移住。農薬・肥料・除草剤を使用しない「自然栽培」での農業をスタートさせました。神子原地区はかつて限界集落といわれた土地。なぜここで就農しようと思ったのか、ここでの暮らしについてお聞きしました。

羽咋市神子原地区枡田さん

羽咋市神子原地区で、新規就農した枡田一洋さん。2012年に農園「Original village」を立ち上げました。

前職はデザイナーだったとか
なぜ農業を始めようと思ったのですか

石川県の印刷会社で10年以上、デザイナーとして勤務していました。以前から農業には興味がありましたが、きっかけは2010年に「奇跡のリンゴ」に出合ったこと。青森県で世界初の無肥料・無農薬リンゴの栽培に成功した木村秋則さんの本に衝撃を受け、やはり農業をしたいと。もともとモノづくりの仕事をしていたので、それを究極に突き詰めていくと農業にたどり着いたという感じもします。何もない大地から作物をつくる作業は、究極にクリエイティブな仕事です。

農業のノウハウはどこで学んだのですか

脱サラして間もない2010年に木村秋則さんの新潟での講演会を聞きに行き、その時に自然栽培をしますと宣言。その後、石川県羽咋市で、木村さんを講師に迎え「木村秋則 自然栽培実践塾」が開講されることになり、「これはぜひとも行かねば」と導かれるように石川県羽咋市へやってきました。自然栽培係として市の臨時職員として雇っていただき、おまけに「木村秋則 自然栽培実践塾」の運営にもたずさわることができました。ここで木村さん直々に自然栽培の野菜やコメ作りのノウハウを学ぶことができました。

枡田さまなす畑

限界集落といわれた神子原地区で就農を決めたのは?

羽咋市では、農業の活性化と移住に力を入れており、農地と家がセットになった「農地付きの空き家バンク制度」があったので、あとは流れに身を任せた感じです(笑)。2012年に「議論より実践」を理念に「Original village」の屋号で新規就農しました。

「Original village」では、農薬・肥料・除草剤を使用しない「自然栽培」で野菜をつくっています。タネにこだわり、固定種(※)を中心に育て自家採種もしています。自分好みの種をとり、種屋さんにも卸しています。ここに来て気づいたんですが、自家採種するには、限界集落はうってつけなんです。

(※)固定種=昔ながら、その土地に根ざした種のこと。その土地の風土に合っているので生命力があり強い。一般的に農家では種は買う事が多く、市販の種はF1種とよばれ企業が開発する。

神子原地区は、自家採種を行うのにメリットがあるのですか?

Original village種とり

ナスビの自家採種の様子

はい、近隣の農家も少ないので、ほかの農家でつくる作物と交配する危険も少なく、農薬もとんできません。自家採種にこだわる農家を目指すなら、人の少ない土地はおすすめです。僕もここに来て気づいたんですけどね(笑)。神子原のいいところは、水がきれいで空気もおいしいこと。そこで育った作物は元気そのものです。そんな作物からとれる種を自分の目で選定し自家採種する仕事は、緻密ですが本当にクリエイティブな仕事だと感じています。

神子原地区での暮らしはいかがですか?

今は妻、6歳、0歳の2人の子どもと一緒に自然の中でのびのび暮らしています。移住するにあたっては、先に家族で移住していた先輩がいたのでとても心強かったですね。お互いに子どもの年齢も近いので家族ぐるみで良くしていただいています。また私たちは、生きるうえで大切なことは、人任せではなく自分達でつくりだしていければと思っています。おやつもなんでも手づくりです。欲を言えば、趣味のサーフィンにも行ければいいのですが、就農してからはちょっと忙しくて…。それを除けば、里山での今の生活に満足しています。

枡田さんの農園「Original village」のサイトには、農業への思いや自然栽培、種のおはなしも詳しく書いてあります。気になる方はチェックしてみてくださいね。

■公式サイト「Original village」
http://originalvillage.net/
■ブログ「サーファーマーの自然栽培日記」
http://ameblo.jp/surfarmer/entry-11192336791.html