就農希望者が不安に感じていることのひとつが、お金のこと。いざ始めてみても、年収が安定しない、生活できなかったらどうしよう…という不安は多くの方に共通しています。興味があっても、なかなか決断できないという方が多い背景には、一般的な転職とは異なり、情報が不足していることも理由のひとつでしょう。
食物自給率の低下や農業界の人材不足の問題は、今の日本の重要課題のひとつ。そのため国や自治体は、さまざまな支援策を用意しています。中には就農の準備段階からサポートを受けられる制度もあり、上手に活用すればスムーズに農家へ転身することが可能です。農業に興味を持ち始めた方が受けられる、サポート制度についてまとめてみました。

食費、宿泊費も無料のインターンシップ

食費、宿泊費も無料のインターンシップ

全国新規就農相談センターが行う農業インターンシップは、食費・宿泊費ゼロで農業を学ぶことができます。住み込み形式での研修が基本ですが、社会人の場合は通勤可。研修中のケガなどに備えて加入する保険も「全国農業会議所」が負担するなど、至れり尽くせりの内容です。

※研修先までの移動にかかる交通費は実費負担です

 

お金をもらいながら学べる「青年就農給付金:準備型」

青年就農給付金:準備型

農業大学校や農家・農業法人等で研修を受ける場合、年間150万円(最長2年間)が給付されます。現在の仕事を辞めることが不安な方も、安心して学ぶことができます。

※研修先は、都道府県が認める学校や農家・農業法人のみ

 

農業を安心して始めるための「青年就農給付金:経営開始型」

青年就農給付金:経営開始型

農業開始後、経営が安定するまでの間は年間150万円(最長5年間)が給付されます。一定の年収が確保できるまでは、誰でも不安。その不安や負担を軽減してくれる、心強いサポートです。

※給付を受けるためには必要要件を満たすことが必要。給付後に要件を満たさなくなった場合は、給付の停止や返還の対象となる場合があります。

 

就農したらもらえる、奨励金や助成金

奨励金や助成金

地方自治体ごとに支援策が用意されています。どの場所で就農するかも大きなポイントです。
例えば…
◆長野県山ノ内町:がんばる農業就農奨励金(10万円)
◆島根県松江市 他:半農半X支援事業(月額12万円)
◆鳥取県日南町:就農条件整備事業(800万円)農地賃借料助成事業(年額20万円)

 

移住をサポートしてくれる、補助金や現物給付も!

補助金や現物給付

移住をすることになると、新居探しや引越しも大変。お金もかかります。各自治体で行っている移住サポートでは、引越し費用の負担や移住後の生活を支える制度も用意されています。
例えば…
◆岐阜県飛騨市:住宅を購入すると、毎年1俵の米を支給(10年間)
◆島根県知夫村:引越し費用最大25万円支給
◆宮崎県木城町:転入奨励金最大30万円支給

 

実は興味を持っている人が多いと言われる「農業」。農業ブームの影響を受けて、自給自足の生活に憧れたり、就農を考え始めた方も少なくありません。しかし実際には、家庭菜園をすることと農家になることの間には、大きな壁があるようです。特に都市部を離れ地方で就農する移住組みの場合は、リスクの見極めについて十分な検討が必要。だからこそ利用できる支援については、しっかりと調べておくことが大切ではないでしょうか。

じゃがいも トマト キャベツ

関連記事