この土地で農業がしたい…、空気・水のおいしいところで暮らしたいなど、田舎暮らしに憧れる理由は人それぞれ。それには、まず移住先となる土地の様子や物件情報をチェック!田舎で暮らすイメージをしっかり持つことが大切ですよ。

第3回目の「田舎の住まい情報」は、長野県須坂市をご紹介。2014年4月から市では移住支援サポートに力を入れています。今回は須坂市役所の信州須坂移住促進チーム・加藤広明さんに暮らしのポイントをお聞きしました。

五味池(須坂市)

清々しい風景がひろがる須坂市の観光名所、五味池。

 

移住したい人のつよ~い味方
信州須坂移住支援チームが2014年から始動

【現在の状況】
須坂市は長野県の北東部に位置し、県庁所在地の長野市と栗の里・小布施町に挟まれ、ショッピングも食べ歩きも便利な地域です。また車を使えば1時間ちょっとで、軽井沢、松本、白馬、志賀高原、そして新潟県へ海水浴や海釣りにもお出かけできる立地です。

須坂市では「信州須坂移住支援チーム」が今春から発足。移住希望者の相談に応じたり、市内の空家を管理し、希望者に情報提供を行う空家バンク事業を行っています。現在の登録物件は少ないのですが、(社)長野県宅地建物取引業協会長野支部と協定を結び徐々に増やしていく予定だそうです。

【かつては製糸業で繁栄。緑豊かで歴史のある町】
須坂市は、明治から昭和にかけて製糸の町として栄えた町です。 世界恐慌のあおりを受けて製糸業は衰退しましたが、生糸の町として栄えた往時をしのばせる遺産が数多く残っています。土蔵造りの町並みを始め、魅力的な建造物がいっぱいです。また全国有数のリンゴ・巨峰の産地です。峰の原高原、米子大瀑布、五味池破風高原など自然豊かな観光スポットが市内のあちこちに点在しています。

 

蔵の街並(須坂市)

歴史豊かな蔵の町並み。観光ガイド付きでめぐることもできます。

【住まいの相談は】
須坂市総務部政策推進課 信州須坂移住促進チーム  TEL 026-248-9017
●Facebookのページ信州須坂移住促進チーム
https://www.facebook.com/sinshuusuzakaijuusienn
●長野県須坂
http://www.city.suzaka.nagano.jp/

 

空家物件をみてみよう
里山、果樹園の風景が間近にある物件をご紹介

※掲載している物件は2014年10月末時点での情報です。
※以下は町の参考物件として掲載しています。
※下記の物件への問い合わせは、信州須坂移住促進チームまで(TEL 026-248-9017)。

Pick up!  戸建の分譲物件 平屋の4部屋+キッチン

230世帯が暮らす明徳戸建団地にある一軒家です。住宅街なので近隣のコミュニケーションもとりやすく、いざという時にも安心。。小中学校は2km圏内。街の中心部にある須坂駅までは4.1km。果樹園に囲まれたのどかな立地にあります

■価格/950万円 構造/木造・宅地449.75㎡ 建物部分97.57㎡ 建築/1972年
電気/引き込み済み、ガス/プロパン、風呂/ガス、水道/上水道、トイレ汲み取り、
■物件詳細(間取り付き)
http://www.city.suzaka.nagano.jp/iju_akiyabank/bukken/pdf/no02.pdf

須坂明徳第2号物件

明徳第2号間取り

Pick up!  広々とした庭は更地!今すぐ家庭菜園が始められる

亀倉地区にある戸建て分譲物件です。須坂でも郊外に当たる地域で、周囲は山や田畑がひろがり、近くには温泉も。須坂駅からは約6Km。広い庭は現在更地なので畑にするもよし、ガーデニングを楽しむもよし。自分好みに有効活用できます。駐車場あり。

■価格/340万円 構造/木造・宅地449.75㎡ 建物部分1階80㎡、2階35.59㎡ 建築/1976年
電気/引き込み済み、ガス/その他、風呂/ガス、水道/上水道、トイレ汲み取り
■物件詳細(間取り付き)
http://www.city.suzaka.nagano.jp/iju_akiyabank/bukken/pdf/no04.pdf

須坂市亀倉第4号物件1

須坂亀倉第4号間取り

長野県須坂市 住まい探しのポイント

ひとくちに田舎といっても、その地域ならではの特長があり、住まい探しのポイントは変わってきます。須坂市の特長は以下のとおり。ぜひ参考にしてみてくださいね。

その1 須坂市の駅前は意外に田舎ではない!?

長野県といっても、須坂市は県庁所在地がある長野市のベッドタウンとして栄える町。駅前は大型スーパーもあり生活はいたって便利です。その分、駅付近の交通の便の良い場所で、古民家や田園風景を望める住まいを探すのはちょっとむずかしいかもしれません。

須坂駅

その2 小学校、保育園の数は充実

須坂市は人口52.000人程の町ですが、人口に対する保育園の数は長野市より充実しています。若いファミリー層も多く待機児童もありません。来年度中には耐震性工事も全園で終了する予定です。

その3 仕事を探すなら近郊のまちも視野にいれて

須坂市内での求人数はそう多くありません。転職をするなら、近隣の長野市まで幅を広げて検討することをおすすめします。市内でのお仕事に関する情報は下記をご参照ください。
http://www.city.suzaka.nagano.jp/index_jigyo.php

 その4 自然豊かな郊外に住むなら車は必需品

駅前周辺は便利ですが、少し郊外に出ると、バスの路線・便数も少なくなります。やはり生活に欠かせないのは車。運転免許は取得してから移住することをおすすめします。

その5 積雪は意外に少ないけれど、冬はスタットレスタイヤが必要

信州の冬はやはり寒いです。しかし積雪量は意外にも多くありません。屋根の雪おろしの必要はなく、玄関周りを整備する程度で済みます。ただ車にはスタッドレスタイヤが必須です。必ずご準備くださいね。

冬の峰の原高原ではスキーもできます

冬の峰の原高原ではスキーもできます

その6 耐震基準をクリアできていない物件について

須坂市には、昭和56年の建築基準法改正前に建てられた物件もたくさん残っています。そういった物件は、現在の耐震基準をクリアできていないので、購入または借りるときにはそのあたりをふまえてご検討いただくことがポイントになります。

関連記事