三重県の北西部に位置する伊賀市。周囲を、鈴鹿山系、大和高原、布引山系に囲まれた緑豊かな土地でありながら、大阪・名古屋までそれぞれ車で1時間半と、大都市へのアクセスのよさも持ち合わせています。週刊情報誌AERA(9月14日号)の「移住しやすい街110 」特集で、「都会に住む人が無理なく移住できる街」として上位にランクイン。移住のポイントについて、伊賀市役所・企画振興部地域づくり推進課の柘植さんにお話を伺いました。

伊賀市全景

伊賀市全景

 

江戸時代の文化が色濃く残る、小京都の一つ。

今なお江戸時代の伝統的建造物や文化を色濃く残し、その佇まいから小京都の1つに数えられている伊賀。 古来より京都・奈良と伊勢を結ぶ大和街道・伊賀街道・初瀬街道の要衝で、伊勢神宮へ参拝する人々でにぎわう宿場町として栄えてきました。伊賀市は東海地域に属しながら、このような地理的・文化的背景から、関西との結びつきが強い地域となっています。現在、人口は約9万5000人。アクセスのよさで大阪・京都・奈良のベッドタウンとなっている「まち」と、寒暖差の大きい内陸性気候を活かした農業が盛んな「むら」がうまく共存しています。

伊賀市map

京都・奈良・大阪の関西圏との結びつきが強いが、JRや近鉄が通る名古屋へのアクセスもいい。

 

若い世代が移住先に求めるものとは

伊賀市は、AERA特集の「移住しやすい街110 ※」で、「移住しやすさ三ツ星」を獲得した23自治体の一つにランクイン。子どもの数や人口の流出入、仕事、学校や病院の多さ、家賃などの統計データを基に、「都市に暮らす働き盛りの世代が移住して、無理なく暮らせるのはどんな街だろう」という観点から選ばれました。
※対象/人口5万人~200万人の自治体から三大首都圏の地域を除いた全国約320自治体

伊賀上野城

三層の美しい城郭を持つ伊賀上野城

その1 「豊かな自然に暮らす+便利な日常生活」を実現

市域は、美しい山並みが連なる盆地。滋賀県と三重県の県境を走る鈴鹿山脈は鈴鹿国定公園にも指定されています。一級河川・木津川の周辺には、田んぼや生き物が生息する里山も。また、身近なところに学校や病院など日常生活に不可欠な施設もそろっています。自然環境と施設の充実が、田舎暮らしに憧れながらも都会の便利さに慣れている人にとって、移住へのハードルを下げているようですね。

伊賀鉄道

伊賀鉄道の名物列車「ピンク忍者」と菜の花

 

その2 「へんこ」な農家たちが取り組む有機農業。来たれ、就農希望者!

伊賀周辺は、有機農業が盛んな地域。 取り組みの歴史は40 年以上、生産農家は 40 軒を超えます。20103月には、有機農業にこだわる生産者たちが中心となり、「伊賀有機農業推進協議会(伊有協)」を立ち上げました。流通・製造業者、市民グループや行政と連携して、農業研修生の受け入れや就農をサポートしたり、伊賀米や野菜など伊賀の農産物を広める活動を展開。また伊有協主催のイベント「オーガニックフェスタ」は、今年で8回目。伊賀の有機食材を求めて、2000人が集まるイベントに成長しています。

2013年には有機農業生産者の有志メンバーにより、農産物の生産、流通の要となる総合農業商社「株式会社へんこ」を設立。“へんこ”とは、関西のことばで頑固者のこと。「食」の未来のために、手間を惜しむことなく頑固に有機農業に取り組む生産者が多く集まる伊賀地域。有機農業に関心のある就農希望者にとって、へんこな指導者たちが集う伊賀は”挑戦できる場”となりそうですね。
伊賀有機農業推進協議会
株式会社へんこ

その3 空き町家再生プロジェクト始動

伊賀上野の城下町界隈には、文化財や史跡などとともに数多くの町家が残っており、江戸の文化を今に伝えています。特に、三筋町、街道筋、寺町は、まるでタイムスリップしたかのよう。しかし、空き町家が増えていることから、市ではなんとか景観を保全・再生しようと計画をすすめています。

寺町の風景

寺町の風景

「町家情報バンク」では、空き店舗や空き家の情報を管理し、貸したい人と借りたい人の橋渡しをします。まだホームページ上などには詳しい情報は掲載していませんが、まちなかに腰をすえて商売をしてくれる方、地域に愛着のある方に利用してほしいので、直接会ったうえで物件紹介を行っています。すでに伊賀に移住して町家をおしゃれなカフェバーに再生した例も!まちなかで商売をしたい、町家に住みたいという方は、気軽にお問い合わせください。
空き家情報バンク「daco不動産」

町屋リノベーションの一例

築百年の町家再生による複合施設「町家ガーデン伊賀」

その4 空き家リノベーション支援事業

市内には、町家以外の空き家も増えています。なかには、都会から移住するならこんな家に住みたいと思わせる古民家も。しかし気に入った空き家物件が見つかっても、いざ住むには修繕が必要となる場合が多いもの。改修費用に対して補助を受けられる制度を利用して、思い通りにリノベーションしてみてはいかがでしょう?
【対象者】移住者(三重県内に居住したことがない人)
【補助額】1件あたりの補助額は対象事業費の2/3以内(上限200万円)
※今年度の受け付けは終了しています。
移住促進のための空き家リノベーション支援事業

上野天神祭

国の重要無形文化財「上野天神祭」(写真は、西町の宵山)

来年度は、首都圏での移住相談会に伊賀市も初参加。「全国の方に、伊賀市の住みよさを知っていただきたい」と、地元で生まれ育った柘植さん。地域づくり推進課あげて準備を始めているそうです。

【移住の相談】
伊賀役所 企画振興部 地域づくり推進課
TEL:0595-22-9639
伊賀市ホームページ

伊賀市 空き家物件をピックアップ!

「まち」と「むら」が同居する伊賀市。都会と同様の暮らしから古民家まで、ニーズにあわせて選ぶことができそうです。空き家リノベーション支援助成制度の利用もお忘れなく。

PICK UP その1
平屋一戸建ての賃貸物件。5SLDKの広々とした間取りには縁側も!

旧青山町内の、閑静な住宅地にたたずむ平屋物件。近鉄大阪線・青山町駅まで徒歩12分で、スーパー、コンビニ、保育園、小中学校から銀行まですべて徒歩圏内の便利な立地。縁側つきの5SLDKと、ゆったりとした間取り。小さなお子さんがうれしそうに走り回る光景が浮かびますね。室内はリフォーム済みなので、すぐに入居できます。

bukken1_gaikan

bukken1_naikan

bukken1_madori
■物件情報
賃貸価格:4.8万円
構造:木造平屋建 1952年建築(5SLDK)
専有面積:104.76㎡(31.69坪)
設備:電気/有 飲用水/井戸水
ガス/プロパンガス
風呂/あり、トイレ/水洗(温水洗浄便座)
駐車スペース:あり

PICK UP その2
かまどのある古民家で、あこがれの田舎暮らしを!

まさに、あこがれの田舎暮らしを実現してくれる古民家。土間には、かまども。ガスコンロ付きなので、使い分けることができますよ。田園地帯の閑静な住宅地という立地もうれしいポイント。敷地内の畑は日当たりも良好で、家庭菜園にも最高の環境です!

物件2_外観

物件2_内観

物件2_間取り
■物件情報
売買価格:380万円
構造:木造平屋建て 1895年建築
土地面積:392.74㎡(118.8坪) 4DK
延べ床面積:69.42㎡(20.0坪)
設備:電気/有 飲用水/井戸水
ガス/プロパンガス
風呂/あり、トイレ/2ヶ所
駐車スペース:2台以上あり

※掲載している物件はいずれも2015年11月時点での情報です。
※上記は伊賀市の参考物件として掲載しています。
※物件への問い合わせは下記まで。
物件その1:エム・ケイ住宅産業株式会社(TEL:0595-66-1445 FAX:0595-66-1446)
物件その2:有限会社 大道住宅販売(TEL:0595-63-5430 FAX:0595-64-4104)

関連記事