実がなる、実がなる、お客様もやってくる

スタッフ杉谷です。4月に植えたミニトマトとシシトウ。シシトウはついに初の収穫ができました。ただの2~3本ですが。くわえて桑の実(マルベリー)の収穫期です。次の雨で全部実が落ちそうなので、本日とってしまわないと(じつは熟れ過ぎて、いっぱい下に実が落ちている)。

1 square metre050161

桑の実もそろそろ収穫しないと

最近は朝、6時半頃から鳥の鳴き声で目が覚める。
と表現すると絵本の世界のようだけど、そんなにいいものではないです。「チュンチュン」にまじって、

「クィーーーーーーー!キキーー!」
とつんざくような鳴き声が西や南の方角から聞こえてきたかと思うと、
2~3匹がザザーッとで空から舞い降りて、桑の実をつついていきます。
それがコイツ。ムクドリ。

1 square metre06072

ムクドリ。オレンジのくちばしと灰褐色のボディが特長。

体長20~25センチ程度。狭い庭なのでデカく感じる。で、うるさい。スズメのほうがいい。
なんというかムクドリはガサツな感じなのです。

私が暮らす高槻市役所前の欅(けやき)通りは、実はムクドリのねぐらになっています。道路に落ちるフンの被害に遭った人もたくさんいて、その被害状況はテレビでも紹介されるほどですが、まぁムクドリも生き物なので心地いい場所で繁殖するのは致し方ないような気がしてます。

というわけで、朝になると、そのうちの幾匹かがわが家にやってきて、仲間をよび、おなかがいっぱいになると去るという感じです。

1 square metre06072

■高槻市役所HPにも掲載される「ムクドリ出没」の記事http://www.city.takatsuki.osaka.jp/shisei/kohokocho/buchoshitsu/kako/h24/sangyou/sangyou240806.html

 

シシトウの実は、なかなかカワイイ

シシトウは現在、小さい実から収穫できるほどのものまでいろいろ。ミニトマトも赤く色づいてきました。(もうすぐ弁当のおかずは、毎日ミニトマトと、ししとうの炒めものだな)

先週はうまくタイミングがとれずに撮影できなかったけど、1週間たったら、いろんな段階の花や実が。小さいシシトウは小指の爪ほどの大きさでかわいい。

1 square metre06072

シシトウの花。花がひらききると、こんな感じ。先週、紹介したスズラン状態からキキョウみたいな風情にかわる。

1 square metre06074

シシトウの実。花のガクの部分が残っている。人間でいう蒙古斑のようで、なんか赤ちゃんぽい。

1 square metre06075

もうそろそろ食べられるかな。