野菜づくりはむずかしかったけど、楽しくておいしい!

この夏は猛暑かと思いきや、急激に曇と雨が続き、変な天気が続きました。ミニトマトは雨が続くと一気に元気がなくなり、8月下旬には黄色の葉っぱも多くなり、もう枯れるかなと思った時期も。ししとうは元気です。
しかし9月に入って、天候が落ち着くと、またよみがえりまして。その生命力に驚きました。上が7月初旬の1日の収穫。下が9月下旬の1日の収穫。

ミニトマト&ししとう(収穫/7月)

ミニトマト&ししとう(収穫/9月)
9月になると、ししとうに真っ赤に色づくものが現れはじめました。あんまり色がきれいなのでそのままに。食べたら酸味が強いけど、辛くなかった。完熟したということ?
産直担当者に聞くと、赤いほうが栄養価が高いとか。ちなみに辛い青ししとうは赤くなっても辛いとのコメント。私の舌がおかしいのか?
普通のししとうも、ガシガシ実をつけてくれました。おかげで2学期がスタートしても、お弁当のいろどりに重宝しました。朝、ししとうを摘んで、魚を焼くグリルにアルミホイルを敷いて4分加熱するだけ。おかかをまぶして醤油で味付けするだけ。めっちゃ簡単。赤のししとうや、ウィンナーも入れれば、よりボリュームも出てカラフルなおかずになりました。

ししとう(収穫/9月)
ししとう(収穫/9月)

で、9月末…。ミニトマトはこのようなお姿に。もう抜かなくっちゃ。庭もこのように戻りました。冬野菜、どうしようかな。

ミニトマト(9月)

1 square metreの野菜づくり

 

関連記事