高知インターンシップ第7期、はじまりました〜!

梅雨のため雨の日も多いですが、ハウス内で毎日作業しています。
徐々に野菜たちの収穫量も増えてきました。
これから徐々に繁忙期に突入です。

第7期ともなれば、ありがたいことに、近隣の方々にも少しずつ認知していただけるようになってきました。
通りすがりの方に「研修がんばってね」と言ってもらえることも。

先日も宿泊施設(おこぜハウス)のすぐ近くに軽トラが停まっていて、
そばにいた50代くらいの女性から「おねえちゃーーん!!」と呼ばれました。

何だろうと思って行くと、
おこぜハウスの裏手の土地で畑をやっており、じゃがいもをたくさん収穫したからと、じゃがいもを積んだ木箱を周りに広げて“フリーマーケット”をやっておられました。10箱ほどの木箱にじゃがいもの山!

いろいろな品種を作っていて、ピンク色に色づいたじゃがいももありました。「これはサラダにいいよ」などと丁寧に教えてくれました。

ピンク色のじゃがいもは食べてみたかったので「おいくらですか?」と聞くと、爆笑されました。
「何言うてるの!タダで持っていって!こんなにあっても食べれんからここで配ってるんよ」
隣には旦那さんがいて、
「農業研修やってるんやろ?食べ比べてみなさい」

…と、袋いっぱいじゃがいもを頂いちゃいました。

通りすがりに呼び止められ、初対面の方にじゃがいもをいっぱい頂くという経験、大阪ではしたことないなぁ…。

じゃがスタッフ ばんばん

関連記事