ロサンゼルスで大流行中のフードトラックが舞台
仕事をなくした中年男が、再起をかける!


こんにちは、farm+bizライターの築出です。 今回はインディーズ映画ながらアメリカで大ヒットを記録した、『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』をご紹介。

元一流レストランシェフが、心機一転、息子とともに料理への情熱を取り戻すため、フードトラックで料理の旅に飛び出した! アメリカ南西部のご当地フードも随所に登場。
食欲そそる料理が盛りだくさんに登場する爽快作です。 

 

映画:シェフ

 

一流レストランからフードトラックの「シェフ」に
料理の情熱、親子の関係を取りもどす旅が今はじまる

ロサンゼルスの一流レストランで総料理長を務めるカール・キャスパー。卓越した料理の腕を持っているカールだが、実はいつもお決まりのメニューを押し付けるオーナーに飽き飽きしていた。息子・パーシーとの関係も良好とはいえず……。そんなある日、敏腕料理批評家に料理をSNSで批評さたことを発端に、カールは怒りに身を任せてレストランを辞めてしまう。元妻・イネスの助けを借り、カールはフードトラックを手に入れ、料理仲間のマーティンと息子のパーシーとともに再起の旅路に出発します

映画:シェフ

主人公カールを演じるのは、『アイアンマン』『アイアンマン2』の監督と助演を務めたことで有名なジョン・ファブロー

 

ジューシーなサンドイッチに、食欲をそそられて
踊りだしたくなる音楽が、ストーリーを盛り上げる!

レストランを辞めて塞ぎこんでいたカールは、マイアミの地でキューバンサンドイッチに出会います。キューバンサンドイッチとは、じっくりローストした豚肉とたっぷりのハムとチーズ、酸味の利いたピクルスを、マスタードをぬった大きなバケットにはさんで焼き上げる料理。
豚肉の焼ける音と、パンの表面のこんがりした色味、中からあふれ出すチーズと肉汁に、思わずよだれが(笑)

フードトラックは各地の都市で店を開きながら、マイアミからロサンゼルスまで目指します。テキサスのBBQ、ルイジアナのふっくらとした四角いドーナツと、地元で愛されるソウルフードも登場。本作はアメリカの食文化や都市の活気も魅力たっぷりに描いています。

劇中で流れる音楽もなんとも軽快。ラテンミュージックをはじめ、レゲエやスカ、サルサなどダンサブルな音楽に乗って、フードトラックの3人もノリノリで料理。音楽にノリながら、心から楽しそうに料理に励むカールが胸に響きます。

映画:シェフ

カールの熱血指導で、息子・パーシーもフードトラックの欠かせない一員に成長する

 

ロサンゼルスでは、フードトラックが大流行中!
主演自ら、本場のシェフのもとで料理修業

主演のほかに監督・脚本・製作と、計4役を務めるジョン・ファブロー。彼は役作りのために、韓国系アメリカ人のシェフ、ロイ・チョイ氏のもとで修行。
ロイ・チョイ氏は、2010年から続くロサンゼルスのフードトラックブームの火付け役。もともとハリウッドの一流ホテルの料理人を務めていましたが、”kogi BBQ”の名前でフードトラックを開始した経歴の持ち主。彼がつくりだした韓国焼肉をトルティーヤで巻いた料理は、たちまちロサンゼルスの人々を魅了しました。

なんと、ジョン・ファブローは正体を隠して実際にkogi BBQで働いたんだとか。その熱意あふれる役作りは、しっかり本作で活かされていますよ。大きな体をもろともせず、狭いフードトラックで軽快にサンドイッチをつくる様子は、本物のシェフのよう。

スカーレット・ヨハンソン、ロバート・ダウニー・Jr、ダスティン・ホフマンと脇を固める俳優も豪華。元妻・イネス役には、私が最近気になっている女優、ソフィア・ガルベラが。息子を思う繊細な演技と、堂々としたラティーノアクセントが魅力的です。

お腹がグーグーなること間違いなしの本作は、2015年2月28日から公開。
ぜひご覧ください!

 

■「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」
2/28(土)公開 TOHOシネマズ梅田他
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
PG12

関連記事