四国に1台しかない製粉機で作られるスーパーパウダー状の米粉を使ってクッキング!

みなさんは、米粉をご家庭に常備していますか?

3月14日(金)に、高知県れいほく地域でのインターンシップ中のイベントとして、宿泊先のおこぜハウスで「米粉メ交流会」を催しました。

米粉メ(コメコメ)交流会 1

米粉は、その名のとおり、お米を製粉したもの。米粉の中でも上新粉を使ったお団子などは昔からおなじみですが、最近は製粉技術が飛躍的に向上。パンや洋菓子、料理にも使いやすい食材に進化し注目されています。

高知県れいほく地域で製粉業を営む「JA土佐れいほく米粉製粉工場」では、四国に1台しかない湿式の気流粉砕機を導入。米にいったん水分を加えてから、圧力で押しつぶさないよう、空気の力で原材料同士をぶつけあって製粉をします。

そうすることで米が高温になりすぎず、でんぷんの損傷やアルファ化を抑え、スーパーパウダー状の微細粉の米粉を作ることが出来るのだとか。洋菓子やパンに最適とプロの料理人にも定評です。
米粉

写真協力/土佐れいほく米粉
■土佐れいほく米粉

米粉のココがすごい!

1.もっちりおいしい食感
2.油を吸収しにくく低カロリー。天ぷらにしても衣がサクサク
3.アミノ酸が豊富
4.グルテンが入っていないので、料理をする時にダマにならない・固まりにくい・ふるう必要なし

今回はそんなれいほく地域の米粉を使って、第一部でお菓子とパンの講習会を、第二部では、れいほくの食材をふんだんに盛り込んだ食事会を開き、地元の方とインターン生が交流を深めました。

 

これって本当にお米?フワッフワのシフォンケーキに一同おどろき

講師は、大阪から来たこちらのお二人。米粉料理研究家のヤマサキユキコさん(右)と、食・農・緑・暮らしのシェアスペース「谷町空庭」運営する山内美陽子さん(左)。

米粉メ(コメコメ)交流会 2

まずはヤマサキさんのシフォンケーキ講習会からスタート!
「米粉の良いところは粉をふるう手間がいらないこと。小麦粉と違って、混ぜすぎて生地が粘るということがないのもメリットですよ」。

今回は、紅茶風味のシフォンケーキ。メレンゲの泡立て方や混ぜ方など丁寧に解説。

シフォン鳥のくちばし▲メレンゲが、“鳥のくちばし状態”になったらOK。

シフォン2▲生地のユルさはこのぐらいがベスト

シフォンケーキ7

 ▲シフォンケーキを冷ますときは、ビンにさして逆さまに

シフォンケーキ1

参加者からは「お米で出来てるって思えないほど、フッワフワ」「わかりやすくて良かった、これなら自分にもできそう」と好評でした。

 

炊飯器に入れて、スイッチポン!簡単でもっちもちの米粉パンに舌鼓

続いて、山内さんによる炊飯器でつくる米粉パン講習会へ。

「発酵は炊飯器の保温モードを、焼成は炊飯モードを使って、焼き上げる超カンタンな米粉パンの作り方です。ボウルも要らず、内釜だけでできるので、洗い物もないですよ」。

米粉3

米粉以外は、通常のパンを作る材料とほぼ同じ。砂糖、塩、ドライイースト、植物油。これを炊飯器の内釜に全部入れてかきまぜ、最後にぬるま湯を入れて、マゼマゼ…。

米粉5 米粉6
▲混ぜてもサラサラ。生地のユルさはこのぐらいが最適。

米粉発酵
▲発酵させたら、生地が2倍弱に

米粉パン

出来上がりはこちら。
「パンって、生地を寝かせたり、叩いたりと時間と労力がかかるイメージがあったけど、これなら私にもできそう」「子どものおやつにもってこい」と参加者も絶賛。

地元の人からは「れいほくにこんな使いやすい米粉を作っているところがあるって知らなかった」「もっと米粉料理を知りたい」という声もあがりました。

 

 鹿肉のシチューに、ホウレンソウのしゃぶしゃぶ
地元の参加者から、食材の差し入れが続々

2部は、れいほくの食材を使った食事会を開催。都会では高価で手に入りにくい鹿肉の差し入れもあり、会場は大盛り上がり。サトイモは豆乳米粉グラタンに、とれたてのホウレンソウは好みに茹でてシャブシャブ風に、米粉のチヂミも登場し、farm+bizスタッフとインターン生、参加者が一緒に料理を作って、全員でカンパーイ!

乾杯

おいしい料理に舌鼓をうちながら、地元の方から地域の暮らしを聞いたり、都会から移住し、就農した方からアドバイスをもらったり。参加者みんなで楽しいひとときを過ごしました。

料理5

ホウレンソウ 会場風景

 

土佐れいほく米粉

高知県土佐郡土居70-1
http://www.tosa-reihoku.ja-kochi.or.jp/come-co/

米粉お菓子教室Comeconoco Laboratory 主宰/フードコーディネーター/米粉菓子研究家 ヤマサキユキコさん

http://comeconoco.main.jp

■「谷町空庭」運営/六次産業化プランナー/1級造園施工管理技士

山内美陽子さん
http://www.soraniwa.net/

関連記事