Organic fruit and vegtable garden background

有機野菜には定義がある

飲食店オーナーのOさんは、手作りにこだわった料理を出す自然派志向のカフェをオープンしたばかり。野菜を送ってくれる農家さんから、「無農薬野菜を送っているけど有機野菜じゃないから」といわれ、メニュー表にどう書けば良いのか、悩んでしまいました。「有機野菜じゃなくて、オーガニックならいいのかな?」。こういった例はよく聞きます。

有機野菜とは…

環境への負荷をできる限り少なくする方法で生産された食品です。

  • 化学肥料や農薬を使用せず、種まき又は植付前の2年以上、堆肥などによる土づくりを行った畑において生産された農産物であること。水耕栽培やロックウール栽培ではなく、土壌を用いなければなりません。
  • 種子や苗は、原則、有機のものを使用。遺伝子組み換えなど、DNA技術の利用や放射線照射を行わない農産物であること。
  • 一般製品との混合、薬品等からの汚染がないよう管理され、農林水産大臣から認可を受けた登録認定機関が認めたものに限ること。などの条件があります。

オーガニックも同意語です。1999年に改正されたJAS法に基づいて、有機農産物と有機農産物加工食品のJAS規格が定められ、「有機JASマーク」を付された食品だけが、「有機」「オーガニック」といった表示を付けることが許されるようになりました。

Organic market fruits and vegetables

有機野菜の認証を受けるにはどうしたいいの?

正式に有機○○、オーガニック○○の名称を表示するには、農林水産省の登録を受けた登録認証機関の認証による、有機JASの格付け審査に合格することが必要となります。現在、有機農産物、有機加工食品、有機飼料及び有機畜産物を取り扱う登録認証機関は、国内だけで50強、海外の登録認証機関もあります。農林水産省のHPにも有機登録認定機関一覧が記載されています。

【おおまかな手続き】

(1)有機講習会を受講したのち、登録認証機関に認定申請

(2)書類審査、実地検査

現在、国がオーガニック基準(有機JAS規格)を決めているのは、「有機農産物」「有機加工食品」「有機畜産物」「有機飼料」の種類です。

(3)判定

現場に赴いた検査員の報告書をもとに、資格をもった判定員の集まり、判定委員会が合議制で判断します。検査員は判定員にはなりません。

(4)認定書の発行

(5)表示の申請 許可

【費用】

JAS認定には、認定申請料、年間管理費、運営協力費、検査費用ほか、費用がかかります。

【認証後の定期検査】

認証後は、1年に1回、専門の検査員が農場や加工場へ赴き、観察や話を聞き、申請者がオーガニック基準に達しているか確認します。

【有機JAS制度についてのお問い合わせ先】

農林水産省ほか、各地域の農政局、独立行政法人農林水産消費安全技術センター

はたらき方くらし方2

編集後記

「有機野菜」について、わかっているようで正確には理解できていない方も多いのでは。有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークなのだそう。農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しています。このマーク付きの食材なら、堂々とメニューにも記載でき、有機野菜使用のお店として有効にPRに役立てることができます。

有機JASマーク

関連記事