こんにちは、farm+bizライターの田原です。
今回のBook&Cinemaは 『第64回(平成27年度) 全国農業コンクール プロ農業20代表 』をご紹介します。同コンクール全国大会でグランプリを受賞した農家、農業団体の活動が取り上げられている同誌は、地域発展を考える上での経営手法が満載です。

第64回 全国農業コンクール プロ農業20代表(表紙)

『第64回(平成27年度) 全国農業コンクール プロ農業20代表 』1.500円(税込)毎日新聞社発行

農業の発展・地域再生を後押し―コンクール受賞者の独創的なアイデア目白押しの一冊

全国農業コンクールは「応援しよう!日本の農業」をスローガンに、毎日新聞社が1952年に創設。卓越した農業経営、創意工夫を凝らした先進的な取り組みで日本の農業をけん引する農家や農業団体を表彰しています。今年は富山県高岡市で全国大会が開催され、全国から選出された20の代表が自身の取り組みについてプレゼン。その中から、山口県の「船方農場グループ みどりの風協同組合」がグランプリ・毎日農業大賞に輝きました。

表彰式

グランプリ・毎日農業大賞の表彰を受ける「船方農場グループ みどりの風協
同組合」の理事長、坂本多旦さん=2015年7月8日、富山県高岡市で

船方農場グループの持続可能な6次産業化が高評価

コンクールは、種芸・養蚕/園芸/畜産/生活の4部門から成り、名誉賞(農林水産大臣賞)10点と優秀賞10点が選ばれています。『プロ農業20代表』では、受賞者の取り組みを各々5ページにわたって掲載。グラフや写真も多く使用され、地域の特徴、活動の経緯・実績がわかりやすく解説されています。

本誌トップで取り上げられているのは、今大会でグランプリ・毎日農業大賞に輝いた山口県の「船方農場グループ みどりの風協同組合」。同組合は30年前から消費者に無料で農場を開放し、乳しぼりや動物とのふれあい体験ができる「0円リゾート」を展開。今や農場は、年間約7万人が訪れるまさに”農場のリゾート”へと成長しています。また牛乳、ソーセージの加工販売にも取り組むなど、6次産業という概念がなかった時代から提唱・実践してきた、いわばパイオニア。本では、今回の受賞に至る経緯、グループの6次産業の特徴も丁寧に解説されています。
船方農場グループの従業員はいまや300人を超え、農家以外の出身者も多いのだそう。理事長の坂本多旦(かずあき)さんは「日本中の誰もが農業に参加できる時代にしたい」と語ります。

グランプリ受賞者

先進的な取り組み、工夫と積み重ねが、農業の明るい展望を切り開く

近年の大会では、女性や若い世代の新しい発想で成功 した実践例の発表も増えているとのこと。今大会でも、ご夫婦で受賞された例が数組みられ、女性の目覚ましい活躍が農業部門にも不可欠になってきていることが実感されます。高齢化、農業担い手不足など、見渡せば農業界をとりまく環境は厳しいものの、「いやいや、日本の農業は決して暗くない!」と思わせてくれる希望に満ちた知恵と実例が、本誌には盛りだくさん。農家さんはもちろん、まちづくりや就農を志す方にも、目からウロコ。勇気とアイデアをもらえる一冊です。来年度のコンクール開催は大阪。次のエントリーは、あなたの番かも!

■『第64回(平成27年度) 全国農業コンクール プロ農業20代表 』
1,500円(税込み・送料実費)/毎日新聞社 2015年9月30日発行

■購入方法
はがき、FAXもしくはメールにて、住所、氏名、電話番号、冊数を明記の上、下記にご注文ください。振替用紙を同封して、本をお送りします。
(書店では販売していません)
〒530-8251(住所不要)
毎日新聞社全国農業コンクール事務局
FAX:06-6346-8372
メール:agri-compe@mainichi.co.jp
■問い合わせ
TEL:06-6346-8407(平日10~18時)毎日新聞社全国農業コンクール事務局まで

読者プレゼント(5名様)

『第64回(平成27年度) 全国農業コンクール プロ農業20代表 』

今回、ご紹介した本を抽選で読者5名様にプレゼント。ご希望の方は、下記、応募フォームにてご応募を。
※当選の発表は本の発送をもってかえさせていただきます。締切/2015年12月25日

※「第64回(平成27年度) 全国農業コンクール プロ農業20代表」の読者プレゼントは終了しました。

関連記事