産直野菜をネットショップで購入するメリットとは

通販イメージフォト

市場やスーパーマーケットに足を運び、自分の目で見て野菜を購入できれば良いのですが、忙しいとなかなか時間がとれないこともありますよね。そんな時に頼りになるのがネットショップです。産直野菜を扱うショップも増えてきました。なかには産地からの直送ではなく、自社倉庫をもち、ショップ運営者から送られてくるものもあるので、そのあたりは入念にチェックを。

◎ネットショップ利用者の声

・どこからでも好きな時間に注文できる

「昼夜問わず、時間のある時に注文しています」
「移動中など、会社帰りに電車の車内から注文することも」

・全国の農家さんの産直野菜が手に入る

「これまで農家さんと、どうやってつながれば良いのかわからなかったが、ネットショップだと便利」
「ネットショップなら、お気に入りの生産者や野菜を日本中で探すことも簡単」

・地方の珍しい食材が手に入りやすい

「四方竹やイタドリ、ノビルなどの山菜も手に入りやすく、旬のメニューが楽しめる」
「絹川ナスなど、その地域だけで流通する野菜を仕入れれば、店で生産地を明記したメニューを作れる」

・産直なので野菜が新鮮で長持ちする

「味は、市場で買うのと変わらない品も多いが、新鮮さが違い、届いてからも日持ちする」
「葉っぱまでピンとした状態で届く」

ネットショップで産直野菜を購入しよう

女性・通勤・スマートフォンイメージフォト

【基本の法則】

その1 そもそも、そのネットショップの商品は産地直送なのか

まずはネットショップの中から、産直専門サイトかどうかを確認しましょう。産直のものは農家さんから、ダイレクトに届きます。中間業者が入らないので、価格も抑えられ、新鮮そのものです。食材を扱うネットショップには、産直商品ではなく、野菜を仕入れて倉庫で管理し、発送するところも多いので注意します。

その2 ネットショップの個性を調べよう

ネットショップといっても、個性があります。産直専門サイトの中には、にんじんだけで何種類もあるなど品揃えが充実しているサイト、○○県、○○町の農家さんや農業団体が開設する地域限定のサイト、有機野菜など自然食を扱うサイトなど様々なものがあります。

その3 価格、サービスの内容を比較しよう

各ネットショップの価格、サービスの内容を比較してみましょう。ランキングサイトもあるので、参考にすると良いでしょう。また初回注文に限り送料が無料になったり、お得なおためし野菜セットを購入できることもあります。ほかのサイトに比べて、価格が非常に安い場合は、運営側に理由を尋ねましょう。情報をきちんとキャッチするのが納得のいくオンラインショッピングの基本です。

その4 ロット数は少量でもOK?

業務用のネットショップの中には、箱買いや10kg単位が基本というところもあります。せっかくグラムあたりの単価が安くても、使い切れずに野菜が傷んでしまっては食材ロスになります。必要な量が入手できるか確認しておきましょう。ご近所さんやご友人と共同購入するのもおすすめです。

その5 クレジットカードが使えないことも

地方の農家さん、農業団体が開設しているサイトの中には、品物は良いけれどクレジット決済ができないところもあります。基本クレジットで決済している人は要確認です。

その6 表示は適切か

トレーサビリティを明確にしたいなら、商品説明がきちんと明記されているサイトを選ぶのがおすすめです。産地、生産者名はもちろんのこと、栽培方法、農薬、化学肥料の使用など。アレルギーの表示などもあると、なおベターです。

産直野菜1

【応用の法則】

その7 電話の問い合わせに快く応じてくれるか

ネットショップでの注文といっても、商品購入について迷ったり、紹介文ではわからない点などを尋ねたいこともありますよね。そういうときに丁寧に対応してくれるところなら◎。日頃の対応がよければ、受注や発送のミス、トラブル時もきちんと対応してくれるでしょう。

その8 リクエストにこたえてくれるか

飲食店の仕入れの場合、パーティーメニューなどで急に多くの数を仕入れる必要が出てくることもあります。そんな時にも親身に材料を探してくれる運営元なら、取引も安心してすすめられます。

その9 産地訪問ツアーの開催や生産農家さんを案内してくれるか

食材にこだわりをもつ飲食店さんの仕入れの場合、生産地を訪ねたり、生産農家に会って、食材の知識を吸収したいと思うことも。そんな時に力になってくれるようなサイト運営者なら頼もしい限りです。

その10 お気に入りのネットショップなら、個別に契約を結ぶもよし

定期的に大量注文するようになったら、長期契約に切り替えて価格を下げるなど、一歩踏み込んだお付き合いに発展させるのもありです。特に店舗の仕入れに使う場合、品質やサイトのサービスに問題がないようなら、きちんと商談して契約販売してもらうことも検討してもらいましょう。

産直野菜の価値はわかっているものの、ネットで野菜を購入する方はまだまだ少数派。しかし食のオピニオンリーダーともいえる30代を中心とした女性の産直野菜、自然食への関心は高く、今後、ますますニーズは高まりそうです。
産直野菜をオンラインショッピングで買うようになると、どんな野菜が、どこでどんな人に作られたのか「食」への探究心も高まりますよ。ぜひお試しあれ。

関連記事