先進国でありながら、文化と伝統が息づく日本の農業に世界が注目

2015年12月15日に、世界農業遺産の認定を決める「GIAHS運営・科学合同委員会」が国連食糧農業機関の本部・ローマで開催され、岐阜県の長良川上中流域、和歌山県のみなべ・田辺地域、宮崎県の高千穂郷・椎葉山地域の3地域が新たに認定されました。

和歌山県みなべ・田辺地域「みなべ・田辺の梅システム」

和歌山県みなべ・田辺地域「みなべ・田辺の梅システム」

世界農業遺産とは、正式名称を「Globally Important Agricultural Heritage Systems:GIAHSジアス」といい、国連食糧農業機関(FAO)が、次世代へ継承すべき重要な農法や生物多様性等を有する地域を認定するプロジェクトです。2002年からスタートし、『社会や環境に適応しながら何世紀にもわたり発達し、形づくられてきた農業上の土地利用、伝統的な農業とそれに関わって育まれた文化・景観・生物多様性に富んだ、 世界的に重要な地域を次世代へ継承すること』を目的としています。

今回、事前の国内審査に7地域がエントリー。専門家による審査を経て、農林水産省の承認を受けた3地域がFAOに認定申請を行ったところ、すべて認定。日本の農業が世界で高評価を受けました。各地域の取り組みは次のとおり。

【2015年 世界農業遺産に認定された3地域/日本】

■岐阜県長良川上中流域「清流長良川の鮎~里川における人と鮎のつながり~」
長良川流域では、住民らが清流を守る活動を積極的に展開。鮎を中心とした内水面漁業が盛んで、清流で育った鮎が地域に恩恵をもたらす里川のシステムが評価される。

■和歌山県みなべ・田辺地域「みなべ・田辺の梅システム」
林の周辺や急斜面に薪炭林を残し、水源涵養(※)や崩落防止を図るとともに、薪炭林に生息するニホンミツバチを受粉に活用するなど、養分の乏しい山林で、高品質な梅を持続的に生産するシステムが評価される。
(※)雨水を吸収して水源を保ち、あわせて河川の流量を調節するための森林

■宮崎県高千穂郷・椎葉山地域「高千穂郷・椎葉山地域の山間地農林業複合システム」
森林に囲まれ、平地が極めて少ない環境下で、人工林による木材生産とシイタケ、肉用牛、茶の生産、棚田での稲作等を組み合わせて生計を立てる持続的なシステムと神楽などの伝統文化が評価される。

岐阜県 長良川上中流域

今回、認定を受けた岐阜県 長良川上中流域。

宮崎県高千穂郷・椎葉山地域「高千穂郷・椎葉山地域の山間地農林業複合システム」

「高千穂郷・椎葉山地域の山間地農林業複合システム」が評価された宮崎県高千穂郷・椎葉山地域

世界農業遺産は全15カ国36地域。そのうち8地域が日本に

選ばれた理由については、国内、FAOによる審査ともにに非公開。農林水産省の担当者は、「地域全てが認定されたことを、大変嬉しく思っています。多様で地域性に富む日本の農林水産業の価値が改めて国際的に認められたことは、大変意義深いものです。今後、世界農業遺産が認定地域の地域振興に寄与していくことを期待します」とコメント。

今回で世界農業遺産は、15カ国36地域が認定。日本からは、2011年に先進国で初認定となった新潟県佐渡市、石川県能登地域のほか、2013年の静岡県掛川周辺地域、熊本県阿蘇地域、大分県国東半島宇佐地域とあわせて8地域に。世界36地域中8地域を占める日本の農業。世界的にみても極めてユニークかつ優れた農業システムであることが認められた結果なのではないでしょうか。世界農業遺産は、身近すぎて日本人が気づかない日本の農業や里山文化の魅力を再認識するものとなりそうです。次回は、今回受賞した3つの地域について、もう少し詳しくご紹介します。どうぞ皆様、良いお年をお迎えください。

取材協力/農林水産省 農村振興局 農村環境課生物多様性保全班
世界農業遺産についての詳細はこちら

関連記事