とれたて野菜

自然派レストランで野菜を買える?!

野菜中心の自然派レストラン、お近くにないですか?
多くの場合、男性より女性客で賑わっています。大手になるとレストランが自社農場を運営し、毎日とれたての野菜を各レストランに直送。バイキング形式で食べられるところなどは、女性連れの長蛇の行列ができていることもしばしばです。そんな自然派レストランでは、ご来店いただいたお客様に自社農場のおいしい野菜を食べてもらおうと、販売しているケースもあります。

はたらき方くらし方2

また小規模のレストランでも、近郊の農家さんの野菜を販売するケースもちらほら。
例えば大阪の郊外に、冷凍ものなどは使わず、できる限り手作りのメニューを出すカジュアルレストランがあるのですが、ここでは週に1度、とれたての野菜販売会を開催しています。ほとんどの野菜は、市場や八百屋から仕入れているのですが、近隣の農家さんから、いくつかの野菜を直接仕入れるようになってから、農家さんと仲良くなり、農家さんに店の一角を提供。通常の販売ルートでは出回りにくい有機野菜や無農薬、無化学肥料で育てた自然派の野菜のほか、農家さんがお試しで植えた珍しい西洋野菜もお目見えするとあって販売会は好評です。子育て世代のママからクチコミで伝わり、ナチュラルな野菜が買える店として人気に。店のイメージアップにつながり、レストランも集客増につながったそうです。
利用者もお店も、Win×Winでハッピーに。あなたのお近くに自然派レストランはありませんか。

手づくり市でもとれたて野菜の販売ブースは人気

EAT LOCAL KOBE ファーマーズマーケット

最近は、手づくり市や蚤の市、雑貨市や陶器市など、あちこちでマルシェを開催していますよね。ここでも人気を集めているのが、地元でとれた野菜の販売ブース。手づくりの雑貨が並ぶ中、とれたて大根や白菜がゴロゴロしている様子をみたことないですか?地域の農家さんが、その日の朝、収穫したばかりの野菜が、市場価格より安い値段で出回ります。中には野菜だけでなく、山菜やピクルス、蜂蜜、アレルギーに対応したパンや焼き菓子なども。農家さんから、山菜をはじめ、めずらしい野菜の食べ方や保存法を教わったり、時にはオマケしてもらったりという交流も楽しみのようです。

産直市場「ベジナイト」

夜のみ開催する農家さん主催のマーケットも。大阪・泉州の夕どれ野菜が手に入る「ベジナイト」。

スーパーマーケットの野菜もいいけれど、時にはこんなゆる~い形の野菜販売会をチェックしてみませんか。めずらしい野菜やこの季節だけしか出回らないような地元の野菜が手に入りますよ。マルシェなら、農家さんと会話しながら購入できるのも魅力。仲良くなって次の販売会の情報をもらったり、収穫の時期には畑によんでもらったり、直接、交流するリピーターさんも多いようですよ。あなたもぜひ足を運んでみてくださいね。

関連記事