Japan Agricultural Co-operatives(日本の農業協同組合) の略で、新しい農業協同組合(農協)のイメージを象徴する愛称のこと。1992年4月から使用されている。JA(農協)は、組合員農家の農業経営と生活を守り、よりよい地域社会を築くことを目的としてつくられた協同組合であり、協同組合とは、一般消費者・中小商工業者・小生産者が、その経済的立場や活動・事業の改善のため協同の出資により営む相互扶助(人々が連帯し、助け合うこと)を原則とする団体を指す。

主には、組合員の収益向上や生活改善を目的に、組合員の農業経営・技術指導や生活についてのアドバイスを行うほか、生産資材や生活に必要な資材の共同購入を行ったり、農産物を共同で販売したり、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置などを行う。また、貯金の受け入れや融資を行う信用事業や、万一の場合に備える共済事業、最近では、高齢者への福祉活動や学童農園への支援、ファーマーズマーケットなど地域社会とのつながりを強める活動など、などさまざまな事業や活動を行っている。